menu

松山市でも24時間フィットネスが可能!Pspo24でダイエット♪

「会社帰りにジムに行きたい」

そう思っていても、残業が長引くこともあれば、休日もなかなか時間をあわせてフィットネスジムに行けないという方は多いでしょう。

近年増加傾向にある“24時間営業のフィットネスジム”ですが、松山市にもいよいよオープンしたのが「Pspo24」なんです。

ダイエットが続かないのは「気が向いたときに運動できない」から

バランスボール

ダイエットのためには「継続は力なり」とは言いますよね。

とはいえ寒い季節、続けたいことを“始めることすらできない”という方も多いのでは? 特に、運動ともなるとかなりのエネルギーを要しますよね。

「よし! 今から運動しよう」と思ったときが早朝、あるいは深夜だった場合、「また時間のあるときでいいや……」となってしまいがち。

24時間、いつでもオープンしているフィットネスジムであれば、そのまま勢いでフィットネスジムに行くことも出来ますよね。

リーズナブル!Pspo24の月会費

FITNESS GYM
出典:松山24時間フィットネスジム【Pspo24】Facebook

「24時間制のフィットネスジムは高い」と思われがちですが、「Pspo24」はリーズナブルさもウリ。

都心部の有名ジムで“24時間コース”を利用すれば、月会費は10,000円を超えることはめずらしくないですよね。

松山市の「Pspo24」は、月会費が4,980円(税抜)というリーズナブルさ! お財布までダイエットしてしまうということはまぬがれそうです。

トレーニング設備も本格的

トレーニング設備
出典:松山24時間フィットネスジム【Pspo24】Facebook

女性でもシックスパックを作ることが流行っている今、しっかりと体幹を鍛えることは大事ですよね。

そんな体幹トレーニングができる設備はもちろん、ランニングやウォーキングができるトレッドミルもきちんとした設備があるのがうれしいところ♪

冬は暗くなるのが早いので、なかなか外でのランニングやウォーキングをためらってしまうという女性も多いのでは?

24時間制のフィットネスジムであれば、自分が運動したいときに足を運べるのがうれしいですよね。

まとめ

年末年始は、余分なお肉もつきがちな季節。

「しっかりと運動はしたいけど、タイミングが合わない」という方は、24時間フィットネスジムを試してみるのもいいかもしれませんね。

きちんと女性向けのサービスもあるようなので、気になる方は公式サイトもチェックしてみましょう。

DO?GO!愛媛編集部
この記事を書いた人: DO?GO!愛媛編集部
愛媛の最先端の情報を発する「DO?GO!愛媛」の編集部一同です。 愛媛に関する楽しいこと・お役立ち情報など、お届けしていきます♪
facebook twitter

スターバックスリザーブ 松山「スターバックスリザーブ」が松山に!12月9日オープン!

松山のパスタが美味しいお店3選!選りすぐりの絶品パスタを紹介

関連記事

  1. 何がいいの?愛媛ならではのホワイトデーのお返し

    なんと女性の6割がホワイトデーギフトを購入していた!株式会社ハースト婦人画報社の調査によると、ホ…

  2. 自転車に乗る女子高生

    みんな乗ってた!愛媛のJKに大人気の「ロココ」って?

    愛媛県民はロココが大好き!出典:ロココ チェーンモデル | lococo | 製品情報…

  3. 実は肉食系!?愛媛の女性の恋愛事情と夜の秘密

    美肌県グランプリで上位!愛媛は温暖な気候で食べ物も美味しい愛媛県は美肌県グランプリで常に…

  4. 本当は脱がない!松山春まつりで第47回野球拳全国大会開催

    皆さんのイメージと言えば出典:第52回 松山まつり公式サイト男性と女性がじゃんけ…

  5. lonely girl

    ひとりのほうが楽…?「おひとりさま愛媛女子」のホンネ

    愛媛女子のホンネ!? 休日に外出したくない理由スマホがあれば“退屈しのぎ”は何でもできる…

  6. 松山の女性の性格はおおらか?

    おおらかな女性が多いというイメージ愛媛県松山市はご存知のとおり、四国にあり、都会な部分も…

  7. 婚活

    草食化離れ!? 愛媛でも「出会いたい人」増加傾向か

    なぜ草食化が進んだの?愛媛でも未婚率上昇『愛媛も!? 30代の未婚率が上昇している理由と…

  8. 鬼は外!節分に付き合っている彼氏と別れる方法

    男性がらみの悩みも節分に解決?節分と言えば「鬼は外」というフレーズが思い浮かびますよね。節分の「…

人気の記事

  1. 松山 ハンドメイド雑貨
  2. ハノイカフェ
  3. ランチメニュー
  4. taisuke nakao
  5. 松山城
PAGE TOP