愛媛観光

  • 中予
  • 南予
  • 東予
  • 道後

大洲のポコペン横丁でタイムスリップ

南予 愛媛観光

1015view

愛媛には、明治から昭和にかけての古い建物や町並みが何か所か残されています。

中でも、昭和の面影が残り懐かしさを感じることができるのが大洲市の「ポコペン横丁」です。

いつもと違うレトロな街並みをカレと2人でデートしてみてはいかがでしょうか♡

ポコペン横丁に行ってみよう

商店街
出典:ポコペン横丁|えひめいやしの南予博2016

旧東横丁から北に3分歩くと、おおず赤煉瓦館が見えてきます。この建物の隣にある細道を抜けると、ポコペン横丁の入り口が見えてきますよ。

一歩足を踏み込めば、日常とは違う風景が目に飛び込んでくる、不思議な空間「ポコペン横丁」。

まるでテレビで見るような昭和初期頃のノスタルジックな雰囲気に、きっと胸が弾みますよ♪

広場には、昔懐かしい駄菓子屋さんや、おもちゃ屋さんが軒を連ねていて、お店の方が気さくに話しかけてくれます。

「とんぼ」や「めんこ」などの昔遊びを体験できるお店もありますので、カレと2人でチャレンジすれば、小さい頃の話で盛り上がることでしょう。

ポコペン横丁が開催されるのは、4月~11月は毎週日曜日 12月~3月は毎月第3日曜日です。

ライブなどのイベントが開催されることもありますので、事前にチェックすると良いかもしれませんね。

思ひ出倉庫は忘れていた記憶を呼び起こす

倉庫
出典:思ひ出倉庫|観光スポット|巡るめく四国

ポコペン横丁の奥には、「思ひ出倉庫」があります。

白壁土蔵造りの倉庫内は、今では手に入らないような、基調で懐かしいアイテムでいっぱいに満たされています。

お客さんの中には、「田舎のおじいちゃん家で見たことがある」とか「よく残っていたね」と声を漏らす方もいるほどです。

昭和の家庭を再現した、靴を脱いで上がれるスペースもあるんです。

まるで映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」に出てくるような、古びたちゃぶ台の前に座れば、昭和の懐かしさにつつまれて思わずうっとりしてしまいますよ✨

屋台では懐かしい食べ物も

ラムネ

ポコペン横丁の中央は、食事とることもできる休憩スペースになっています。

屋台では、中華そばや焼き鳥、ラムネなどが売られていますので、好きなものを購入して、ゆっくりと休憩できますよ。

また、お弁当を持ってきて食べることもできるので、女子力アピールにはうってつけ!

前日から手作りのお弁当を仕込んで、カレと一緒にのんびり食べるのもいいですよね♡

お腹がいっぱいになったら、ラムネを飲みながらコマ回しや、ゴム鉄砲など昔遊びをして昭和30年代のレトロな気分を楽しみましょう。

まとめ

ポコペン横丁から市内にある石張りの道は古い町並みが残され、静かすぎる路地には憂いを感じます。

ゆっくりした時間の流れに身をまかせて、のんびりと“昭和ノスタルジー”なデートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もオススメです

  1. 2606view

    鬼北町で開催される鬼嫁コンテストとは

    鬼嫁コンテスト 「鬼嫁コンテスト」の競技内容は、どれもとってもユニークなんです! 目隠しを付けた妻が鬼北町の特産「きじ鍋」を…

    ライフ 愛媛県情報

    DO?GO!愛媛編集部

  2. 650view

    新居浜市のデートなら「愛媛県総合科学博物館」がオススメ

    「愛媛県総合科学博物館」には動く恐竜が!? 出典:愛媛県総合科学博物館|観光スポット|巡るめく四国 愛媛県総合科学博物館…

    ライフ 恋愛

    DO?GO!愛媛編集部

路地路地

この記事が気に入ったらいいね!しよう

DO?GO!愛媛の最新記事をお届けします

関連記事

  1. 1169view

    観光客にもおすすめしたい!道後周辺のランニングコース

    愛媛観光 道後

    DO?GO!愛媛編集部

  2. 971view

    しまなみだけじゃない!宇和島にもサイクリングスポットが!

    南予 愛媛観光

    DO?GO!愛媛編集部

  3. 558view

    松山市民にもおすすめ!宇和島への小旅行

    南予 愛媛観光

    DO?GO!愛媛編集部

  4. 1012view

    牛たちの熱き闘い!宇和島 闘牛の魅力とは?

    南予 愛媛観光

    ぺんちゃん2号

  5. 2538view

    キウイも有名!愛媛の特産物

    中予 愛媛観光

    DO?GO!愛媛編集部

  6. 1263view

    道後のにきたつ庵で地ビールや地酒、郷土料理を満喫

    愛媛観光 道後

    miho.

DO?GO!愛媛編集部
この記事を書いた人: DO?GO!愛媛編集部
愛媛の最先端の情報を発する「DO?GO!愛媛」の編集部一同です。 愛媛に関する楽しいこと・お役立ち情報など、お届けしていきます♪
PAGE TOP