グルメ

  • カフェ
  • スイーツ
  • ディナー
  • パン屋
  • ランチ
  • 愛媛のご当地

トロける美味しさ!愛媛県産養殖スマが販売開始

グルメ 愛媛のご当地

2843view

幻の高級魚「スマ」。生で食べればマグロのトロに匹敵する美味しさともいわれています。

しかし、その漁獲量は少なく、一般の市場に出すのは難しいといわれてきました。

そこで愛媛県は、スマの養殖にチャレンジ。2016年にはスマの完全養殖を実現しました。

それから4年、ついに養殖スマの一般販売が開始されることになったんです。

スマってどんな魚?


スマ 愛媛
出典:スマまるごとセット – 宇和海とれとれ旬の味覚

スマは、サバ科の魚。そのためサバ特有の縞模様があります。

背びれはカツオ、尻尾や頭はマグロに似て、大きいものなら全長1mになることも。

「全身トロ」と称されるほど、脂がのった身が特徴で、食べるなら断然お刺身がおすすめ!

とろけるような舌触りは、まさしくトロのよう。アラからは、とっても旨味のある出汁が取れますよ。

希少な天然スマは、幻の高級魚とされていましたが、愛媛県が養殖に成功したことで、一般への流通が実現したんです。

奇跡の養殖スマ


全身トロ 養殖魚
出典:スマまるごとセット – 宇和海とれとれ旬の味覚

愛媛県では、2013年から、スマの完全養殖の取り組みに着手。愛媛大学と共同のもと、愛南町を拠点とした養殖を行っています。

そして2016年、ついにその努力が実り、世界で初めて高級魚スマの養殖に成功したことで愛媛は一躍有名に。

大々的にニュースなどで取り上げられたので、覚えている人も多いかもしれませんね。それほど画期的な出来事だったんです。

以降、定期的に出荷販売されていましたが、専門店や百貨店が主な出荷先でした。2.5kg以上、脂肪含有率25%以上というブランド基準も高いハードルとなっていたようです。

スマはどこで買える?

2019年まで実施されていた実証実験が終わり、2020年、ついに養殖スマの一般販売が開始!

私たち一般の消費者も、手軽にスマを購入することができるようになったんです。

愛媛県内では、スーパーマーケットや百貨店の鮮魚コーナーにスマのお刺身やお寿司が置かれています。

媛スマ 寿司

写真は高島屋地下一階の食品売り場で購入した「媛スマ」のお寿司。

愛媛の新鮮な魚を扱うサイト「宇和海とれとれ旬の味覚」でも、養殖スマが販売されていますよ。

オンラインショップ 宇和海とれとれ旬の味覚

丸ごと1尾と下処理済の真空パックがあり、どちらも冷蔵保存可能です。

まとめ

幻の高級魚をスーパーで買ったり、家庭で捌いて食べられるなんて、愛媛の水産業の賜物ですよね。

試作段階ですが、スマの生ハムも作られているそう。これからますます身近な魚になりそうです。

こちらの記事もオススメです

  1. 4232view

    自然の中でヘルシーランチが食べられる隠れ家カフェ「夢うらら」

    北条の自然に囲まれたカフェ 森の中の坂道をぐんぐん上っていくと現れるカフェ「夢うらら」。 自然に囲まれたお店で、丁寧…

    グルメ ランチ

    乾燥剤

  2. 3040view

    南予のタルトは餡子が赤い?

    南予のタルトは餡子が赤い!? 南予のタルトの特徴は餡が“赤い”こと。 その昔、佐田岬のお菓子屋さんが餡を赤色にして縁起物とし…

    グルメ スイーツ

    内子っこ

スマ 養殖 愛媛 どこで買えるスマ 養殖 愛媛 どこで買える

この記事が気に入ったらいいね!しよう

DO?GO!愛媛の最新記事をお届けします

関連記事

  1. 4466view

    柳井町商店街 自然派食堂「まとか」で食べる美味しくて優しい料理たち

    グルメ ディナー ランチ

    律香

  2. 3053view

    大正ロマンを感じることができる漱石珈琲店「愛松亭」

    カフェ グルメ

    DO?GO!愛媛編集部

  3. 2310view

    農林水産大臣賞を受賞した愛媛の絶品卵で、最高のTKG!スイーツにカレーも!

    グルメ 愛媛のご当地 東予

    tomoyo

  4. 2385view

    四国・岡山限定!セブンイレブン「みきゃんぱん」は美味しい?

    グルメ 愛媛のご当地

    DO?GO!愛媛編集部

  5. 3142view

    プチ贅沢で至福の時間。Amelieはふわふわパンケーキのお店

    カフェ グルメ

    hiro

  6. 6274view

    コーヒー好きにおすすめの松山カフェ3選

    カフェ グルメ

    DO?GO!愛媛編集部

玉子
この記事を書いた人: 玉子
親が転勤族だったため、愛媛の東端から南端まで在住。 俳句を作ったり、映画や音楽のイベントに携わったり、ポスター・フライヤーをデザインしたりしています。 愛媛ならではの情報発信ができれば。
PAGE TOP