ライフ

  • トレンド
  • 健康
  • 恋愛
  • 愛媛県情報
  • 美容

今年は替え歌!「鬼嫁コンテスト2018」開催♪

トレンド ライフ

962view

愛媛県北宇和郡鬼北町で毎年「鬼嫁コンテスト」が開催されているのをご存知でしょうか?
今年で4回目となる人気のイベントなんですよ。

「鬼嫁コンテスト」って?



出典:第4回愛ある鬼嫁コンテストの参加者募集について – 鬼北町ホームページ

このコンテスト名だけ聞くと「プロレスラー並みの鬼嫁ばかり集まる、物凄く怖いコンテスト?」と思われるかもしれません。
いえいえ、そうではないんです。単に恐妻家のような強くて怖いお嫁さんではなく「家族を想い、夫の出世街道を後押しする鬼嫁」が対象なんですよ♡

開催地である鬼北町は全国1741ある地方公共団体で唯一鬼が使われている地域。
鬼北町では新たな町の魅力発見とPR活動として、鬼を使った「鬼のまちづくり」をしているんです。
その一環として始まったのが、「鬼嫁コンテスト」。今年で第4回目の開催となります。
鬼嫁は「無慈悲」なイメージがあり、「夫が嫁をののしって言う言葉」として認識されていますが、このイベントでは夫を支える「深い愛情」を持った嫁を「鬼嫁」と呼んでいます。

「鬼嫁コンテスト2018」の見どころは?

今年の鬼嫁コンテスト開催日は2018年12月23日(日)です。

コンテストの審査方法は『替え歌』!
開催日当日に、道の駅日吉夢産地で替え歌を披露して優勝を決定します。
替え歌というのも夫婦の思い出の曲などを、愛のある鬼嫁をテーマにアレンジするのがポイントです。
伴奏の有無は自由! アカペラで正々堂々と歌ってもいいですし、楽器が得意な方は楽器を持ち込んで生演奏してもOKです。
歌は1コーラス分だけで良いそうなので、気軽に参加できそうですね。

コンテストへの参加は無料ですが、参加には応募が必須となっていますよ。
募集期日は2018年11月30日です。「我こそは愛のある鬼嫁!」と自身のある方は応募してみてくださいね!

詳しい参加条件は南海放送のHPに記載されていますので、チェックしてみてください。

【イベント詳細】
第4回鬼嫁コンテスト
開催日:2018年12月23日(日)
開催場所:道の駅日吉夢産地(愛媛県北宇和郡鬼北町大字下鍵山54)
料金:参加・観覧無料ですが、コンテストの出場には申し込みが必要です
申し込み締め切り:2018年11月30日(金)
備考:南海放送のHPよりフォームに必要事項を明記の上申し込み
https://www.rnb.co.jp/mt/event/node/009488.php

鬼嫁コンテストに嘉門タツオがやってくる!

今年の鬼嫁コンテストには豪華有名人ゲストも登場します。
コンテストのテーマが「替え歌」であることから「鼻から牛乳」などの替え歌芸で知られている嘉門タツオが審査員として登場するんです!
もしかすると嘉門さんの替え歌も聞くことができるかも……!? 参加者の替え歌へのコメントにも注目したいですね。

優勝者には豪華特典も!?



出典:第4回愛ある鬼嫁コンテストの参加者募集について – 鬼北町ホームページ

鬼嫁コンテストの見どころはコンテストの面白さだけではありません。
優勝した方への優勝特典も、とっても豪華なんです。
2018年の賞金は下記の通りです。

優勝賞金 10万円&鬼北町の古民家1年使用権利
準優勝賞金 5万円

鬼北町に住もうか迷っている方は、ぜひ優勝を狙いたいところですね♪
さらに、惜しくも優勝を逃した方にも参加賞があるそうです。何がもらえるかは当日のお楽しみですよ♡

「鬼嫁コンテスト2017」では…

2017年に開催された第3回目の鬼嫁コンテストは「大声」がテーマでした。
鬼嫁・鬼嫁の夫・鬼嫁の子ども部門と3つに分かれており、鬼嫁の優勝特典が賞金10万円と古民家の1年使用権利、鬼嫁の夫部門の優勝が賞金5万円、鬼嫁の子ども部門の優勝が1万円の図書カードとなっていましたよ。
参加者は「ぶくぶく太るな~」や「お母さん、だ……愛してる~」など、いろんな思いを叫んだそうです。
夫部門は切実で、子ども部門は可愛くて、鬼嫁部門は真剣で、楽しいコンテストでした。
当日は40名の参加者が集まり、中にはアフリカのコンガ共和国からアフリカ人の夫を連れて参加した方もいたそうです!
今年はどんなイベントになるのか楽しみですね。

まとめ

「鬼嫁」と言うと恐妻家なイメージですが、コンテストに参加すれば鬼嫁の深い愛を感じられるはずですよ。
今年は誰が優勝するのでしょうか。みなさんのお近くにも「愛のある鬼嫁」がいたら、このコンテストを教えてあげて下さいね!

こちらの記事もオススメです

  1. 943view

    大洲市内外のお店が集まるマルシェイベント「城下のMACHIBITO」

    城下のMACHIBITO 現在の大洲市は、江戸初期まで「大津」と記されて、水運の拠点として栄えていました。 その中で肱南(こうな…

    トレンド ライフ

    内子っこ

  2. 579view

    大切なあの人に、愛媛の人気お歳暮特集

    紅まどんな 愛媛産のお歳暮なら柑橘は鉄板中の鉄板。中でもまるでゼリーのような食感が人気の「紅まどんな」がオススメです。 …

    トレンド ライフ

    律香

この記事が気に入ったらいいね!しよう

DO?GO!愛媛の最新記事をお届けします

関連記事

  1. 615view

    愛媛の誇り!松山英樹選手、15日開幕アーノルド・パーマー招待で復帰へ

    トレンド ライフ 愛媛県情報

    DO?GO!愛媛編集部

  2. 1624view

    DIYライフを楽しめる愛媛のお店

    トレンド ライフ

    DO?GO!愛媛編集部

  3. 1311view

    愛媛を走る観光列車・伊予灘物語イメージのアロマ「ひだまりの香り」

    トレンド ライフ 美容

    DO?GO!愛媛編集部

  4. 1284view

    父の日のプレゼントには「今治タオルのトランクス」がオススメ!?

    トレンド ライフ

    ゆづきち

  5. 615view

    有名人も登場!? 「わんこそうめん世界大会」がキスケで開催

    トレンド ライフ

    ミント

  6. 1053view

    第56回愛媛マラソン!一般エントリー開始

    トレンド ライフ 健康

    DO?GO!愛媛編集部

内子っこ
この記事を書いた人: 内子っこ
愛媛県喜多郡出身、今は大阪に住んでいます。内子の道の駅「からり」が大好きで、学生時代は毎週行きました。今も愛媛に帰れば必ずからりには行きます。 愛媛のことを沢山知ってほしいので、分かりやすくお伝えできるよう頑張ります♪写真はとべ動物園です!
PAGE TOP